ジュエルレイン 効果

背中ニキビはお風呂で作られる?その原因と改善法について

背中ニキビの原因にお風呂があります。
いきなりニキビができて、慌ててボディソープでこすったりして、かえって悪化させることもありますから、注意しましょう。

 

お風呂での注意点
・シャンプーの洗い残し
シャンプーを流した時、当然背中にも付着します。
体に残したままにしていませんか?
シャンプーが毛穴詰まりを起こしてしまい、ニキビの原因になってしまいます。

 

・ボディーソープの洗い残し
シャンプーと同じく、肌に残ったボディソープも体に残してしまえば、汚れになります。
背中ニキビには化粧水が良いからと、洗い残した背中につけることで、逆効果になってしまいます。

 

・牛乳石鹸などが刺激
石鹸で洗っている場合、刺激が強すぎて、肌が乾燥してしまっていることが考えられます。
風呂では、体を清潔にするのは一番大切です。
洗顔料には気を使うけれど、体にも気を使いましょう。
脂性体質だからとゴシゴシ洗うのも厳禁です。
毎日鏡で確認し、美肌クリームやボディローションなどをつけてみてください。

 

シャンプーやリンスをつけるときに、極力背中に付着しないような格好をするのも大切です。
どうしても背中に付着する場合には、必ずキレイに流す習慣を付けてください。

 

ボディソープや石鹸の見直しもオススメします。
刺激がないものを使用することです。
そしてお風呂上がりには、必ず背中のケアも忘れずにしてください。

 

そうすることで、お風呂が原因の背中ニキビを減らすことができ、背中ニキビの改善につながります。